SCREEN mode
NewRelease
With You【初回限定盤】
SCREEN mode
LACA-35848
2021年01月27日
With You【通常盤】
SCREEN mode
LACA-15848
2021年01月27日
Index
1. ALIVE feat. KISHOW (GRANRODEO)
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友
歌:SCREEN mode feat. KISHOW (GRANRODEO)

2. WRIGHT LEFT
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友

3. GIFTED
作詞:松井洋平 作曲・編曲:太田雅友

4. W:Wonder tale
作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:太田雅友
※田村ゆかりカバー楽曲

5. Unforgettable
作詞:村野直球 作曲・編曲:太田雅友

6. 今夜も月がきれい feat. TRUE
作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:太田雅友
歌:SCREEN mode feat. TRUE
※芹澤優カバー楽曲

7. 世界で一番ステキな恋
作詞:山本成美 作曲・編曲:太田雅友

8. 君がいる世界
作詞:村野直球 作曲・編曲:太田雅友

9. 陽だまり feat. 畠中 祐
作詞:林勇 作曲・編曲:太田雅友
歌:SCREEN mode feat. 畠中 祐

10. One Wish
作詞・作曲・編曲:太田雅友

[Blu-ray]初回限定盤のみ
01. Unforgettable (Music Video)
02. SCREEN mode 5th Anniversary Live -月光STORY- (Director’s Cut)
Liner Notes
2021年1月27日(水)発売のSCREEN mode 3rdフルアルバム「With You」ジャケット写真やアルバムの詳細を公開!

さらに今作では、これまで発表されたアニメタイアップ楽曲のほか、
KISHOW(GRANRODEO)、TRUE、畠中祐といった豪華アーティスト陣をゲストボーカルに迎えたコラボ歌唱が実現。

さらに、さらに、雅友がサウンドプロデューサーとして楽曲提供した田村ゆかり「W:Wonder tale」、芹澤優「今夜も月がきれい」のカバーverも収録。

初回限定盤に同梱されるBDには、
リード曲「Unforgettable」のMusic Videoと「SCREEN mode 5th Anniversary LIVE ~月光 STORY~」ライブ映像のディレクターズカット版を収録。

勇-YOU-の力強い歌声と雅友のサウンドワークで、
あなたの日常に寄り添い、勇気づけられる楽曲が収録される一枚にぜひご注目ください。

1. ALIVE feat. KISHOW (GRANRODEO) デジタルビートの幕開けから広がっていくのはドラマティックなストリングスと共に響くソウルフルなサウンドワールド。疾走するメロディは勇—YOU—とGRANRODEOのKISHOWのふたりの全力投球ボーカルによる豪速キャッチボールな掛け合い、そしてハモニクスで聴かせる豪華競演。楽曲の音像がブ厚いというのに、ボーカルの個性がこれまた色濃い!フェイクなどはまさに“バトル”的に絡み合い盛り上がり熱を帯びていくのだから、耳が大興奮間違いなしの一曲だ。歌詞はSCREENmodeの音楽世界を深く知る松井洋平が手掛け、同じ事務所の先輩後輩同士の強烈バトルを歌詞で色鮮やかにしている。そんな珠玉のバトルロックチューンがアルバムのはじまりを、咆哮の歌声で告げる!

2. WRIGHT LEFT アニメ「文豪ストレイドッグス」第3シーズンの挿入歌として最終話に流れたハードでラウドな疾風怒濤のロックンロール。物語のクライマックスを、その疾走するビートと全身に響くような重厚サウンドに、美しくも激情に満ちた音を聴かせるストリングスとピアノの旋律とで彩った。叩きつけるようなドラムと、感情のままに描き殴られたような言葉たちとが見せる景色は緋くて黑い。イワン・ゴルチャロフと対峙した中島敦と芥川龍之介の共闘する姿に生き様を高らかに歌い上げるこの曲ほどシンクロするものはなかっただろう。バトルに勢いと熱を重ねていったことは鮮烈に刻まれる、インパクト大な一曲。

3. GIFTED アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」のオープニング曲。主人公のひとりであるロージーを勇-YOU-が演じていることもあり、声優として作品に向き合い理解を深めていく中でまるでロージーと一体になったような熱い気持ちが乗るボーカルが印象的な一曲。アニメのオープニングらしくアッパーなロックサウンドで掻き鳴らされるギターはムヒョとロージーのまっすぐさと情熱とを彷彿とさせる。“素晴らしい才能を持っている”という意味でもある「GIFTED」と言えばムヒョを想像させるけれど、凡人だと謳われるロージーの、それでも強い意志を抱く心だって“GIFTEDだ”と言わんばかりの力強いボーカルに胸が熱くなるナンバーだ。

4. W:Wonder tale 田村ゆかりが歌うアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」のエンディングテーマとして2013年にリリースされた一曲。作詞は畑亜貴、作曲に太田雅友で作られた、アップテンポながら胸に沁みるような切なさある名曲をSCREEN modeでカバー。胸が躍るようなあのイントロで駆けあがるようなストリングスの旋律やギターロックとしての疾走する様も原曲とシンクロしながらもやはり勇-YOU-が歌うことでこれほどに違った響きを聴かせるなんて!ソウルフルなボーカルが熱さを加え、切なさは応援歌の力強さに。思わず拳をあげて共に声をあげたくなる、そんなSCREEN modeバージョン。

5. Unforgettable アニメ「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」第2シーズン最終話(第24条)の挿入歌。荘厳な劇伴音楽に彩られる中でムヒョとトーマスの戦いが幕を閉じ、ひとまず日常を取り戻した場面で流れた柔らかなボーカルで聴かせた爽快な一曲は勇-YOU-の伸びやかなハイトーンが心地よく響くナンバー。そんな爽やかな高音に寄り添い、風がそよぐように奏でられるギターは、アコギとエレキの絡み合いによって色彩感豊かに発色していく。パワーボーカルだけではない、勇-YOU-の声が、アルバムタイトル通り“With You”、リスナーに寄り添うようだ。

6. 今夜も月がきれい feat. TRUE 2017年に作曲:太田雅友、作詞:唐沢美帆で制作された芹澤優のミニアルバム『only you? Only me!』収録曲を、唐沢美帆ことTRUEをフィーチャーして勇-YOU-の歌声と共にデュエットソングとして聴かせるカバー曲。原曲はドラマティックなピアノが印象的ながらふわふわとした女性らしさあるエレクトロチューンだったのに対し、SCREEN modeのバージョンでは雅友のギターがダイナミックに響き、骨太なロック感を出す。勇-YOU-パワフルなハイトーンと透明感がありつつも生命力溢れるTRUEの高音ボーカルの絡み合いは意思の強い女性像を感じさせ、楽曲に新たな色をつける。

7. 世界で一番ステキな恋 ビッグバンドの華やぎある音が軽快に跳ねる中、ハットにタキシード姿で歌う勇-YOU-の姿が見えて来るような、息づかいまでも届けるライブ感のあるハッピーチューン。作詞には嵐や奥井雅美をはじめ数多くのアーティストの楽曲の歌詞を綴ってきた山本成美。甘い恋の最中にある瞬間の、キラキラとした色彩感や高揚感、幸せな空気を音楽にしたらきっとこの曲になる!と断言してしまうほどのハッピーラブチューン。楽曲に散りばめられた全て
の音が躍動して、まさに“踊る”一曲を可愛らしくも甘く、頬をほころばせるほど楽しげに歌う勇
-YOU-のボーカルも印書的な一曲。

8. 君がいる世界 クラップ音が響き、軽快に掻き鳴らされるアコースティックギターの音とで紡がれていくカントリーmeetsケルトミュージックと銘打ちたくなるような素朴さあるロックンロール。これまでにないSCREEN modeの表情を多彩なサウンドで聴かせるが、キャンプファイアーを囲みながら仲間で音を鳴らすようなこの曲もまた彼らの未開のサウンドワールド。跳ねるピアノの音にギターにベース、ドラム、パーカッションと車座になって顔を見合わせながら音を鳴らして楽しんでいる様が見えて来るようだ。村野直球が綴るポジティブな歌詞も勇-YOU-の声によってまっすぐに届く。バンド間の絆や温かな関係性までも真空パックしたような楽曲にリスナーが笑顔になることは間違いない。

9. 陽だまり feat. 畠中 祐 タイトルの通りに陽だまりの暖かさが音に滲むミディアムサウンドは、勇-YOU-と同じ事務所所属の後輩でもある畠中祐とのコラボレーションで聴かせるハッピーチューン。卓越した歌唱力に定評のあるふたり。片や華やぎと背中を押すような前向きな想いが宿るボーカル、片や煌めきとデビューから色褪せないフレッシュさ滲む歌声。その表情豊かな声という武器を出し惜しみなく放つ豪華共演ナンバーだ。その歌声から彼らの音楽愛とお互いへのリスペクトの気持ちが溢れだしてくるよう。そんな華やかなボーカルと絡む雅友の温かなギターと、岸田勇気氏によるエレクトリックピアノの音がハートフルな珠玉曲。

10. One Wish アニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課-トクナナ-」のエンディング曲。ストリングスの旋律がドラマティックに響く中でエッジの効いたボーカルが物語のヒリヒリとした緊張感と困難にも前を向く力強さとを感じさせる。タイアップ曲であり、作品に向けて作られた楽曲ではあるが一聴してSCREEN modeの楽曲だとわかるのは、歌い出しから個性たっぷりに放たれる勇-YOU-のボーカルで聴かせる独特の節回し。そしてエモーショナルな音に宿るエレガントさ。作詞、作曲、編曲の全てを雅友が担った純正SCREEN modeロックンロールという混じりけのないスクモサウンドが掻き鳴らすただひとつの願いがアルバム『With You』を締めくくる。

Review Text by えびさわなち