mixiチェック

Special
Act Against AIDS 2015「アニソン AAA Vol.4」 in Zepp Tokyo

Act Against AIDS 2015「アニソン AAA Vol.4」in Zepp Tokyo

スペシャルコラボレーション

アニソンAAAバンド発表!

Act Against AIDS 2015「アニソン AAA Vol.4」in Zepp Tokyo 開催決定!!

 アニメ・ゲーム音楽に携わる有志は、1993年より日本のエイズの危機を防ぐためアーティスト、音楽業界、エンタテインメント業界が一体となっておこなっているエイズ啓発活動AAA (Act Against AIDS) に賛同し、真のボランティア精神のもとにこの運動に参加し、多くのアーティストのみなさまとともに音楽を通じて「自分たちに出来る」アクションを起こすことを決意いたしました。

 エイズ啓発活動AAA (Act Against AIDS)に賛同し、2011年から引き続きアニメ・ゲーム音楽に携わる有志たちによるAct Against AIDS 2015「アニソン AAA Vol.4」in Zepp Tokyoの開催が決定しました。

 アニソン界を代表し、JAM Projectを筆頭に様々なアーティストが行うアニソンライブを通して、多くのアニソンファンの皆様にエイズ啓発メッセージを伝える事が出来ればと思っています。今回のライブは全出演者がアコースティックセットでの演奏となります。

 また、この運動に関してはすでに(社)コンサートプロモーターズ協会、(社)日本音楽事業者協会、(社)日本音楽出版社協会、(社)日本音楽制作者連盟、(社)日本レコード協会の音楽業界5社団の後援のもと、エンタテインメント業界を中心に250社以上の会社が運営会員として支援し、その主旨に基づいて「世界エイズデー」の12月1日に毎年チャリティ・コンサートを開催しております。今年は23回目(23年目)のAAAコンサートとして、これまで以上に多くのアーティストの皆さんが参加し、全国各地で盛大に開催されます。

AAAオフィシャルサイト http://www.actagainstaids.com

実施概要

タイトル:Act Against AIDS 2015「アニソン AAA Vol.4」in Zepp Tokyo
日時:2015年12月1日(火)
開場:17:30 開演:18:30
会場:東京 Zepp Tokyo
出演:JAM Project、石田燿子、鈴村健一、GRANRODEO、ChouCho、milktub、森口博子
※出演者変更に伴うチケットの払戻しは致しません。

【当日券発売情報】
公演日当日 17:30より会場の当日券売場にて当日券を販売致します。

当日券 全席指定 5,900円(税込)
※3歳以上有料 ※ドリンク代500円別途必要


【一般発売情報】
11月7日(土) 10:00〜11/30(月) 18:00まで

<e+(イープラス)>
◆ネット予約:http://eplus.jp/anison-aaa15/ 〈PC・携帯共通/要事前会員登録(無料)〉
◆店頭購入:ファミリーマート店頭Famiポートにて直接購入

<チケットぴあ>
◆ネット予約:http://w.pia.jp/t/anison-aaa/ 〈PC・携帯共通/要事前会員登録(無料)〉
◆電話予約:0570-02-9940(発売日特電)/0570-02-9999(発売日18時以降/Pコード:279-596)
◆店頭購入:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にて直接購入

<ローソンチケット>
◆ネット予約:http://l-tike.com/aaa2015-zt/ 〈PC・携帯共通/要事前会員登録(無料)〉
◆電話予約:0570-084-200(発売日特電)/0570-084-003(発売日18時以降/Lコード:76791)
◆店頭購入:ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入


主催:(株)キョードー横浜
企画制作:(株)ランティス/(株)バンダイナムコライブクリエイティブ/(株)ハイウェイスター
協力:AAA運営事務局
お問合せ:キョードー横浜 045-671-9911(月〜土10:00〜18:00)http://www.kyodoyokohama.com/

Act Against AIDS 2015「アニソンAAA Vol.4」in Zepp Tokyoとは

このコンサートの目的は、一人でも多くの人たち、特に次の世代の若者が、
真正面からエイズの知識を持つきっかけとなることです。

近い将来、じわじわと増え続けさらに深刻になるエイズに直面する若い世代の人々は、
この日本という国の「大切な財産」であり、「宝物」であるはずです。

その宝物のために、私たちミュージシャン、エンタテインメント業界は何ができるのか?
音楽を通して彼らにメッセージを送ることはできるのか?

直接的にはできないかもしれないが、何か方法はあるはず。

私たちにしかできない音楽を表現することにより、「大切な財産」であり、「宝物」であるものを
大事にしていきたい。
そのための、より良い環境を作らなければならない。
それがこのコンサートを通じて世間に伝わっていくことを願っています。

私たちは、もっと知ることで、エイズと戦います。
私たちは、もっと知ってもらうことで、エイズを防ぎます。
私たちは、もっと知り合うことで、エイズとつきあいます。

2015年12月1日
この日、私たちは音楽で行動します。

「アニソンAAA」プロジェクト一同
AAA運営事務局

参加アーティスト

  • JAM Project
    JAM Project
    影山ヒロノブ
    AAAがになうエイズの啓蒙キャンペーンには、この世界からエイズが消滅しない限り終わりはありません!つまりアニソン界のAAAもその日が来るまで ずっと闘い続けていく覚悟です!俺達やランティスのアーティストがホストをつとめながら開催するようになって、今年で4年目になります。ぜひ、みなさん協力してください!
    遠藤正明
    「アニソンAAA」に 参加してくれた皆 ありがとう!俺も、今年も参加出来て、光栄です。堅苦しく考えずに、このイベントが一つの切っ掛けでエイズに対して感心を持つ事。 まずは そこから始めようぜ。今日は 楽しもうね!
    福山芳樹
    エイズに関して知らないことってまだまだ多い。知っているつもりでも間違って覚えていたり。エイズが世界に蔓延してからこれだけ経っているのに、いまだになくならないし、世の中誤解だらけだ。俺もきっと誤解してる。1年に1回ちょっと考えてみようよ。 僕たちの歌を聞きながら。
    奥井雅美
    アニソンAAAも今回で4度目。年々アニメ業界でも協力者が増え、今年もBIGなアーティストさんがたくさん!!!日頃口にしたり説明したりは難しい事柄かもしれないけど、こうやってみんなで共有できると良い意味で明るく前向きに現実を見つめられる。去年よりも今年、今年よりも来年〜とエイズについての正しい理解が深まるとイイな。
    きただにひろし
    AAAコンサート、なんと今回で23年目を迎えるそうです。「継続はチカラなり」とても素晴らしいイベントにアニソンチームとして参加出来て今年で4回目… 個人的に年に一度ですがこのイベントでエイズについて考えさせられる良い機会となっています。もちろんライヴは楽しく元気良く! アニソン魂込めて燃え上がりますよ(笑)。。。
  • GRANRODEO
    GRANRODEO
    e-ZUKA
    このような意義のあるイベントに参加させて頂き、光栄に感じると同時に多くの方々にエイズに対する正しい知識を持っていただけるきっかけの一助になれば幸いです。今回はいつものGRANRODEOとは一味違ったライブをやりたいと思っていますので皆さん一緒に楽しみましょう!
    KISHOW
    健康である事のありがたさは健康であるうちは気付きにくいものですが、今回このようなイベントに招いて頂いて、自分も含めてより多くの方のエイズに対する意識が深まれば良いなぁと思っております。
  • 石田燿子
    石田燿子
    23年続いている「AAA」、そして「アニソンAAA」も4回目を迎え、わたしは2回目の参加になります。エイズと聞くと、自分には関係ないように思っていましたが、1回目に参加させていただいて、正しい知識や情報の大切さを感じました。微力ながら、アニソンでそのきっかけになれることはとても光栄です。
  • 鈴村健一
    鈴村健一
    19歳で初めて舞台に立ちました。それがエイズの啓発を目的とした作品だったのです。そのとき僕自身はじめてエイズについて正しい知識を得る機会となりました。あれから22年、今度は歌うことでさらに多くの方がエイズに感心を持つきっかけになれば嬉しいです。
  • ChouCho
    ChouCho
    私は2012年に出演させていただいたので今回2度目の出演になります。今年で23年目を迎える「AAA」に、また参加させてもらえることをとてもうれしく思っています。 日常生活でエイズについて考える機会は少ないと思うので、このイベントがそんな考えるきっかけになったらうれしいです。心を込めて歌うのでみなさん一緒に楽しみましょう!
  • milktub
    milktub
    bamboo
    自身3回目のAAA出演でmilktubとしては初の出演となります。「AIDSについて考える」って日常生活では中々無いんですよね実際。でもこのライブを見に来てくれた方の何パーセントかでも、ふとこの病気について思い出してくれるきっかけになればいいと思ってます。
  • 森口博子
    森口博子
    大きなメッセージを持つこの活動「AAA」。 今回、言霊パワー溢れるアニソンで参加させて頂き、改めて“考える”“伝える”機会を与えて下さって、心から感謝致します。 決して、他人事ではない身近な存在のエイズ。今日は歌う事で、聴いて下さる事で、その“意識”が響き合い、続いて行きます様に…。そして、大切な人たちにその想いを是非、伝えて下さいね。

「アニソンAAA Vol.4」コンサート収益金の活用方法について

私たちはこのコンサートの企画にあたり、AAA運営事務局とともに国内エイズの状況と啓発活動の状況、現状の問題点を話し合ってきました。

残念ながら、日本のエイズの状況は悪化傾向が続いています。毎日新たに4人の新規HIV感染者が増加しているだけでなく、その中で特に「自分はまさか関係ないと思っていて、エイズを発症して初めてHIV感染に気づいた」例が毎年増加傾向にあります。感染原因の90%以上はセックスであり、誰にとっても身近であるにもかかわらず「自分には関係ない」というひとごと意識が蔓延しているため、正しい知識を持っていなかったり、検査に行く人が減少傾向にあったりします。このため小学生以上からすでにエイズに関する正しい知識を啓発していくことが非常に大切です。

ところが、エイズに対する社会の関心の低下はメディアでの露出低下やHIV検査件数の低下にも表れ、この10年間での国のエイズ対策予算の大幅な削減(10年で60%以上減)の影響もあり、全国の学校や保健所等現場でのエイズ予防啓発活動に必要なツールすら製作できないというのが現状です。
AAA運動では1993年の活動開始以来、AAAコンサートの開催以外に毎年オリジナルのエイズ啓発ポスター、パンフレットを製作し、全国の小・中・高校・大学・専門学校・保健所等へ配布し、現場の学生さん、職員のみなさんと連携して「現場でのエイズ啓発活動」をサポートしてきました。
この「デジタル」な時代に、この「アナログ」なポスターやパンフレットの申込みは逆に年々増加しており、AAA運動継続においてこういったツールの製作・発送に必要な財源が大幅に不足してきています。

そこで、私たち「アニソンAAA」プロジェクトでは、国内の若い世代へメッセージを届けるという趣旨を具体的な行動として起こすため、このコンサートによる収益金を活用し、

「新たにエイズ啓発ポスターを作り、必要としている全国の小・中・高校・大学・専門学校・保健所等へ届け現場の啓発活動をサポートする」

という役割を果たしていきたく考えております。

どうか参加アーティスト、集まってくれるファンのみなさまとともに、一緒にこの目標を実現できますよう、ご協力いただけましたら幸いです。


©Lantis, All Rights Reserved.